読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外の世界における本来の任務と成果に目を向ける

「組織が成長するほど,特に成功するほど,組織
に働く者の関心, 努力,能力は組織の中のこと
で占領され,外の世界における本来の任務と成果
を忘れていく」
経営者の条件P34

これは,組織の宿命ですね。
人間は,本質的に親近感のある人に協力する傾向
があります。

人間は持ちつ持たれつの社会です。
海外で事故のニュースがあると邦人がいるかいな
いかを報道します。

事故にあったのは,同じ人間なので国籍など関係
ないはずです。
でも,なぜ邦人の安否に関心があるのでしょうか?

自分と直接利害関係がある人が巻き込まれている
か否かに感心があるからですね。

不謹慎かも知れませんが,事故で何人も犠牲者が
出ているのに邦人が巻き込まれていないとわかっ
たら,内心ほっとするのではないでしょうか?

それだけ,人間は自分と縁がある人や身近な人に
関心があり,そうでなければ,大きな関心を払わ
ないという証拠です。

差別や偏見の根源ともいえるかも知れませんが,
もともとは,差別や偏見が先にあったわけでは
ないと思います。

差別や偏見は,ひとりでは,生きていけない人間
が生き延びるための知恵として,互助関係を重視
したゆえの歪だと思います。

人類は本来狩猟採集生活を行っていました。
衣食住は,血縁関係のある集団で協力しあって調
達していたわけです。

自分と自分と縁がある人や身近な人に大きな関心
を寄せ,他の組織に無関心でいることは,生き延び
ていくためにも必要なことでしたと思われます。

しかも,限られた食糧を自分の血縁関係のない人
に配分する余裕などなかった時代です。

むしろ,自分と血縁関係のない人は,自分たちの
縄張りを侵害するものとして敵視せざるを得なか
ったということでしょう。

これが,組織の本質にも顕著にあらわれてきます。

「組織が成長するほど,特に成功するほど,組織
に働く者の関心,努力,能力は組織の中のことで
占領される」のは,組織の中にいる人間同志で持
ちつ持たれつの関係が出来上がったからです。

そして,組織の外の世界は縁遠いものになってい
くわけですね。

もし,われわれが,未だに狩猟採集生活を行って
いるのであれば,それでも良いのかも知れません。

ところが,われわれの社会は知識労働社会です。
成果物を自前で調達する狩猟採集生活ではなく,
外部である顧客の満足が成果の尺度という社会に
います。

組織の中にいる人間同志で持ちつ持たれつの関係
が出来上がったとしても,それだけでは,成果を
あげることが出来ない社会にいるわけですね。

ところが,狩猟採集生活で効果を発揮した組織の
中にいる人間同志で持ちつ持たれつの関係を築き
あげる習性が邪魔をするのでしょうか?

成果が外部にあるとわかっていても,なかなか割
り切れない部分があるのかも知れませんね。

これが,いわゆるお役所仕事,大企業病の実態な
のかも知れません。

さて,あなたの組織は,外部に目を光らせている
でしょうか?

それとも,組織内部の足の引っ張り合いが醜いですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドラッカー名著集のお買い求めは,こちらです!!!
http://ow.ly/2UDs1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

川越駅を西向けば税務の110番はこちらです!
http://zeimu110.com

ライン公式アカウント「@zeimu110」
http://accountpage.line.me/zeimu110

まぐまぐ殿堂入り
ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人

発行者:税務の110番! 税理士 大林 茂樹
ドラッカー学会会員)

〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-4-38

お問い合わせは,いつでもどうぞ!
http://wp.me/P2JWBR-22

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━