年商は会社の優劣と無関係

いかなる企業といえども,市場の拡大と歩調を合わせていくうえで必要とされる最低限度の成長を超えて,より大きくなろうと懸命になる必要はない。」「繰り返すならば,目標としての成長は幻影である。」マネジメント下P261会社の規模のモノサシとして,よく使わ…

現場の仕事の虜になるな!

「現場の仕事の虜になっても過ちを生む。むしろこちらのほうが直すのに手間がかかる。」非営利組織の経営P28人間は,目の前の仕事に没頭します。仕事に没頭することは,いいことだという風潮もありますね。ところが,する必要のない仕事に没頭されたらどうで…

第二の人生を頭の隅に置いておく

「知識労働者にとって,第二の人生をもつことが重要であることには,もう一つの理由がある。誰でも,仕事や人生で挫折することがあるからである。逆境のとき,単なる趣味を越えた第二の人生,第二の仕事が大きな意味をもつ。」(明日を支配するもの 第6章P23…

自己満足ではなく責任を考える

「他の者が行うことについては満足もありうる。しかし,自らが行うことについては責任があるだけである。自らが行うことについては常に不満がなければならず,常によりよく行おうとする欲求がなければならない。」現代の経営下P161なかなか耳が痛い言葉です。…

データを鵜呑みにするのは,やめよう

「ノーということのできる者を顧客と呼ぶならば,非営利組織には何種類もの顧客がいる。」非営利組織の経営P60ノーという人間は,顧客ではないというのは簡単です。ノーという人間も顧客である発想は,なかなか難しいですね。かつて,小学生に租税教室の講師…

成功に必要なたった一つの条件

「成功に必要なものは,ある小さな特定の発展だけである。」創造する経営者P245成功に必要なたったひとつ条件それは,ある小さな特定の発展だといっています。成功に必要なものは,画期的なもので,業界に革命を引き起こすものでなければいけないと思ってし…

隠れたリーダーを発掘する

「リーダーをつくりあげるものは仕事である。リーダーとは仕事を通じて自らつくりあげるものである。」非営利組織の経営P26リーダーは,仕事によってつくりあげるものであるとするならば,リーダーの地位は,世襲制度によって当然のごとく引き継がれるものでも…

サンクコストが苦手な人間

「一度で成功しなければ,一度だけやり直せ。そして次は他のことをせよ」(創造する経営者P76)何かをはじめて,思ったより上手くいかなかったとき,テコ入れは一度と割り切れということですね。しかし,これが意外と難しいのです。テコ入れしないと,すべてパー…

つまみ食いの衝動を抑える

「何もかもできる組織はない。金があっても人がいない。優先順位が必要である。あらゆることを少しづつ手がけることは最悪である。いかなる成果もあげられない。間違った優先順位でも,ないよりはましである。」マネジメント上P150総花主義ではなく,集中とい…

組織にとって有害な存在は誰か?

「計画する能力をもつほど仕事の責任をもつことができる。それだけ生産性も高くなる。いわれたことしかできなければ有害なだけの存在となる。」現代の経営下P138「いわれたことしかできなければ有害なだけの存在となる。」の部分ですが,いわゆる奴隷制度の…

運にどこまで依存できるのか?

「運では事業はつくれない。事業の機会を体系的に発見し,それを開拓する企業だけが,繁栄し成長する。」創造する経営者P198世の中では,運がつきものです。宝くじに当選するかしないかは,運以外の何ものでもないですね。しかし,運とは突発的なものです。しか…

体裁を気にするのは,もうやめよう!

「今日では,知識だけが意味ある資源である。もちろん伝統的な『生産要素』,すなわち土地,労働,資本がなくなったわけではない。だがそれらは,二義的な要素となってしまった。それらの生産要素は,知識さえあれば,入手可能である。しかも簡単に手に入れられる。…

あなたの能力や精神状態を破壊させる可能性がある仕事

「企業を企業たらしめているものは,それが効率中心ではなく成果中心であるところにある。」マネジメント上 P175歴史をひも解くと…企業を企業たらしめているものが,効率中心だった時代があったのではないかと思います。ものが溢れていない時代は,単位当たりの…

利益追求は一過性の仕事になってしまう

「事業の目標として利益を強調することは,事業の存続を危うくするところまでマネジメントを誤らせる。」現代の経営上P82事業の目的は利益追求にあらず!とはいえ,利益を無視していいということではありません。利益が出なければ,銀行はなかなか融資してくれ…

リーダーにカリスマ性を求めない

「リーダーをつくりあげるものは仕事である。リーダーとは仕事を通じて自らつくりあげるものである。」非営利組織の経営P26地位は人を作るというのに,通じますね。ついでに,「リーダーシップは,カリスマ性に依存しない。」(プロフェッショナルの条件P184)…

リーダーとの関係を見直す

「マネジメントを欠くとき,組織は管理不能となり,計画は実行に移されなくなる。最悪の場合,計画の各部分が,それぞれ勝手なときに,勝手な速度で,勝手な目的と目標のものに遂行されるようになる。ボスに気に入られることのほうが,成果をあげることよりも重要に…

自分の価値観を押し付けない

「いずれの企業も,自らの市場は狭く定義する。『顧客が価値を見出すものの市場』ではなく,『わが社の生産する製品の市場』として定義するためである。」(マネジメント下P142)この言及にあるように,何も意識しないと,お客様の要求にあわせるよりも,自らの実…

人の成長に躊躇なく手を貸す

「人に教えることほど自らの勉強になることはないのと同様,人の自己啓発を助けるほど自らの自己啓発に役立つことはない。事実,人の成長に手を貸すことなく自らが成長することはありえない。自らの自らに対する要求水準が上がるのは,人の成長に手を貸すときで…

人に失望させられても前向きに進む

「人は強く責任感があり貢献を欲する存在であると見る者は,時には失望させられるかもしれない。しかし,マネジメントの第一の仕事は,人の強みを生かすことである。それができるのは,人が成果をあげることを欲する存在であるとするときだけである。 」マネジメ…

マネジメントの失敗は罪が重い

「新たに設立される企業一〇〇社のうちほぼ七五社が,マネジメントの失敗を主たる原因として五年以内に倒産している。」創造する経営者P155いわゆる中小企業生存率というものです。100社のうち75社が倒産というと高い確率ですね。このデータは,おそらくニュ…

仕事の分析で陥る罠に気をつける

「仕事の分析にとって最も重要なステップが抜けている。仕事の分析は,必要な作業を明確にすることから始まるのではない。望ましい最終商品を規定することから始まる。」マネジメント上P255一般的に,業務のマニュアル化にとって最も重要なステップは,必要な作…

直感と火事場の馬鹿力に頼りすぎてはいけない

「直感に頼るマネジメントは,企業の大小にかかわらず許されざる贅沢である。 」現代の経営上P80事業は直感で行うことは出来ないといいながら,残念ながら人間は,生得的に直感的な行動が優先するように進化しました。考えてみれば,あたり前のことで,どんなに重…

仕事の仕方と仕事の適切さは同じではない

「効率とは仕事の仕方であり,成果とは仕事の適切さである。」マネジメント上P52仕事の仕方と,仕事の適切さはイコールではありません。もちろん,どちらも大切ですが,どちらかというと仕事の仕方が重視され,仕事の適切さが軽視されているように思います。…

金があっても人がいない現実を直視する

「何もかもできる組織はない。金があっても人がいない。優先順位が必要である。あらゆることを少しづつ手がけることは最悪である。いかなる成果もあげられない。間違った優先順位でも,ないよりはましである。」マネジメント上P150あらゆることを少しづつ手が…

単純さと複雑さはともに必要

「いかに集中が望ましくとも,多角化との調和が必要である。さもなければ過度の専門化に陥る。同時にいかに多角化が望ましくとも,あるいは避けがたくとも集中が必要である。さもなければ分裂と分散に陥る。単純さと複雑さはともに必要である。単純さと複雑さ…

あえて大きくしないという選択

「大企業にならないということは,時として楽しみも多く,満足も大きいものである。」マネジメント下P261この言葉にうなずく派とうなずかない派にわかれるかも知れませんね。わたしは,うなずく派ですが,あなたはいかかでしょうか?「大きな組織で働いたほうが仕…

ヒト・モノ・カネというのは終わりにしよう!

「今日では,知識だけが意味ある資源である。もちろん伝統的な『生産要素』,すなわち土地,労働,資本がなくなったわけではない。だがそれらは,二義的な要素となってしまった。」ポスト資本主義社会P56企業の競争力がヒト・モノ・カネといわれますが,それが全て…

いかなる成果も生むことがない戦略

「陳腐化したものの廃棄抜きに新しいことに取り組む戦略計画は,いかなる成果も生むことがないといってよい。」マネジメント上P159何かあたらしいことを始めるには,いきなりあたらしいものに飛びつくのではなく,廃棄が先であるということです。ところが,これ…

凡人をして非凡をなさしめるには?

「組織の目的は,凡人をして非凡をなさしめることにある。」(マネジメント 中 P99)組織の目的は傑出した才能をもった人間が非凡なことを達成することであるということだと,多くの人はがっかりするでしょうね。凡人をして非凡をなさしめるとあれば,頑張ってみ…

受け入れがたい矛盾をあえて受け入れる

「継続を旨とする組織にとっては,変化とは,その言葉からして受け入れがたい矛盾である。」明日を支配するものP102われわれの多くは,いままでの日常生活が急変することを望んでいません。定時に出勤し,ほどほどに時間に帰宅して就寝する。そういう何の変哲も…